〜はじめに〜 皆さんお久しぶりです。
まず2020年開催予定でしたG I A N T L O O P F E S 2020を開催することが出来ずご来場予定の皆様、
関係者の皆様にはご迷惑をお掛けして大変申し訳ございませんでした。

コロナ禍は皆さんも大変ご苦労をされたと思います。
我々T H E N O E A Rもライブ活動をすることも出来ず、バンドとしても方向性が整わず心が折れそうな時期でありました。

そんなパンデミックな時期を乗り越え5年振りの開催となったG I A N T L O O P F E S 2024、我々としても感慨深い思いです。 〜神金村から舞鶴城公園自由広場になった理由〜 なぜいつもの神金村じゃないの?と疑問を持たれた方もいらっしゃると思います。

そこには理由がありまして、神金村の村長として皆さんとも親しくして頂いておりました黒川武雄さん(享年61)が2020年6月27日に病気で永眠されました。
初めて知った方は驚かれたと思いますが、G I A N T L O O P F E S 2020も病気の中、 気持ちで踏ん張って開催を待ち望んでいてくれていたのですが、残念ながら叶いませんでした。
僕たちが最後に挨拶に伺った時も笑顔で冗談を言って気を遣ってくれる本当に素敵な方で、 これまでのG I A N T L O O P F E Sを支えてくれた黒川さんには感謝しかありません。

黒川さんが亡くなっていつもの神金村がG I A N T L O O P F E Sの会場として使用することが出来なくなり、 山梨で音楽フェスが開催出来そうな場所をしらみつぶしに訪れましたが、ピンと来る場所が無く途方に暮れていました。
そんな中2023年偶然散歩している時にたどり着いたのが、今回会場として使わせて頂く舞鶴城公園自由広場でした。

その場所を訪れた時にガツンと雷に打たれたかのような衝撃が僕に走り、 「ここしかない!ここに黒川さんの思いも連れて行く!」と決意し、ここで開催するにはどうしたら良いかを模索する日々が始まりました。

山梨県が管理する施設という事もあり、難題は山積みでしたが、メンバーや色んな人の力を借りて開催することが出来ることとなりました。
ご協力頂いた皆さん本当にありがとうございます。

黒川さんも天国で見守ってくれていると思います。
当日は皆さんも少しだけでもそんな気持ちでいてくれたら嬉しいです。
〜出演してくれるバンドの方々〜 このG I A N T L O O P F E Sというイベントを始めるきっかけとなったのが、 2004年、僕が23歳の時にやっていたN O Bというバンドのボーカリスト、鎌田真輔という仲間が交通事故で亡くなり、 2014年の10周忌に何か出来ないかという事で、仲間や先輩のバンドに声を掛けて開催したのが始まりでした。

それから10年の月日が流れ今年2024年で20周忌となりました。

そんな中、2004年当時からお世話になっているバンドの皆さん、 そして開催することが出来なかったG I A N T L O O P F E S 2020年に出演予定だった皆さんに声を掛けさせて頂きました。

声を掛けさせて頂きましたが、スケジュールのタイミングが合わなかったバンドの皆さんも忙しい中ご検討いただき本当にありがとうございました。

そして出演を快諾して頂いたバンドの皆さん、我々の気持ちを受け止めて頂き本当にありがとうございます。

その気持ちに恥じないように我々も全力で突っ走っていきますので当日はよろしくお願い致します。 〜ご来場頂く全国の皆さんへ〜 いつも全国から駆けつけてくれるG I A N T L O O P F E Sを楽しみにしてくれている皆さん、そして初めましての皆さんもご来場お待ちしております。

皆さん色々な気持ちがあって新しい会場である舞鶴城公園自由広場に集まってくれると思います。
山梨県が管理する場所ということもあり色々制限もございますが、とにかくワクワク楽しみにご来場頂ければと思います。

今年は甲府駅から徒歩15分程度の場所での開催となります。
我々も皆さんに楽しんで頂けるように最大限のおもてなしを考えております。
いつも以上に沢山の方々にご来場頂けると幸いです。

今年も感動と笑顔でG I A N T L O O P F E Sでしか味わえない最高の景色がみんなで見たいですね。 〜ご協力のお願い〜 今年開催する舞鶴城公園自由広場でのロックフェスは歴史上初の試みとなります。

我々も管理する山梨県の指示の元、最大限の準備と注意を払って開催いたしますので、 山梨県の文化財である場所であることからも石垣に登ったり、傷つけたりするような行為はやめてください。
テントを貼ったりする行為も禁止とされております。
ゴミなども所定のゴミ箱に捨てて頂きますようお願い致します。

このフェスを山梨の未来に繋げていきたいと思って真剣にやっておりますので、 皆さんで素晴らしいフェスになるようにご協力お願い致します。 〜後援、ご協力頂いた皆様〜 この度は後援頂いた合同会社まちづくり甲府の皆様、ポスターを貼らせて頂いた店舗の皆様ご協力誠にありがとうございます。

ホームページにて協力店舗さんを紹介させて頂いておりますので、 イベントが終わった後も協力店舗さんにて飲食を楽しんだり、 思い出を作って頂き山梨の魅力を味わってもらえればと思います。
〜最後に〜 長々となりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。
もっとラフに書きたかったのですが、堅苦しくなってしまい申し訳ありませんでした。汗

とにかく色んな気持ちのこもった今年のG I A N T L O O P F E S 2024。

我々の気持ちが皆さんに少しでも伝わればと思い文章を書かせて頂きました。

一緒に感動しましょう。
そして一緒に笑いましょう。

みんなで最高の一日にしましょう!!!

G I A N T L O O P F E S 2024
実行委員会
実行委員長 T H E N O E A R
 佐川 哲也

GIANT LOOP FES 2024

GIANT LOOP FES 2024
開催宣言

6.8sat

舞鶴城公園内自由広場特設ステージ(山梨県甲府市丸内1丁目5−4)

ACT

TICKET

販売中

購入する

・枚数制限:お一人様4枚まで
・受付方法:紙チケット+スマチケ併用
・発券/DL開始日:公演日1週間前

ACCESS

ポスター掲載協力店舗

OASIS / ザンギ 鳥正 本店 / 大衆酒場 熊鰹 / わら焼き 熊鰹甲府店 / NOST / 味魅 / 台湾居酒屋玲玲 / やきとり一秀 / 大阪焼肉ホルモンふたご甲府駅前店 / 雨三屋 / 寿司処ちひろ / Hair Wuk PROMO / NEVER MIND / Nail&Body jewelry koko∞Link / 富士見食堂Diago / BUNS BURGER & CAFE / 肉処 寅竜 / 焼肉 つたらと / 寅" / 天国飯店 / folc / CK SURUME / TROLL / 菊水 / studio3204 / BAR ofi / 黒糖焼酎酒店焼鳥桐生 / 酒場 おせあん / PROGRESSIVE FIELD / 鉄板焼きmacaroni / シンハジメマシテ